FC2ブログ

記事一覧

スリランカカレー

SRILANKAには29歳の頃宝石の支店を作ると言う名目で生活の拠点を移していた。SRILANKAは亜熱帯の気候から人々は皆カロリーをたくさん取る。また害虫から身を守る方法としてスパイスの効いた食べ物を食べ体臭で害虫を遠ざけると言う名目で普段から香辛料を食べる。つまり、食べ物のほとんどがカレー味。ツナサンドイッチですらカレー味なんでめんくらった。日本で食べるカレーの数十倍もの辛さのものになるので、滞在を始めた最初の...

続きを読む

訃報の報告

かすかに香る紹興の香り…住職の故人を想う説法…瞑想の中、で手を合わせた。駆け出しの頃、失敗しても失敗しても起きあがるのであだ名は「ダルマ」だったそうだ。正義感が強く燃える様な個性は、間違っている事は絶対に拒否した。自分の良いと思うものを徹底的に学び自信を持って突き進む姿は、取引先であろうが、お客様であろうが自分の考えを通した。営業としては不器用で京都職人の様な気質であったが、それだけ分お客様からは慕...

続きを読む

『金』製品が買い時とかいう噂話

チャオ。2020年。安定資産としての金が買い求められたね。『金』は過去最高値を更新しました。こちらは2016-2021の金価格表(三菱マテリアル参照)有事の金2018年9月に4700円を割り込むと一旦落ち込むと続きて2020年9月迄金が上がり最高値は8000円に迫りました。この間トランプ米と中共の貿易摩擦が火花を散らし、関税合戦が勃発し起こった。その内に新型肝炎が蔓延。世の中の投資家は信用資産の『金』に注目が集まった。世間いう「...

続きを読む

ベネチアスタイル 

CIAO!投稿が久しぶりになりました。お元気でしょうか?行動的になると共におしゃれを楽しみたくなります。今回はアクティブになる春先から重宝するカジュアルベネチアのスタイルをご案内。18KRG/YG BANGLE金の色と性質金色といえば、黄色を思い浮かべますが色は、イエロー、ホワイトとピンクのゴールド一般的です。夏場に真っ赤になる程日焼けした女性の肌に似合うのはイエロー色だ。プラチナ色に近い白色はホワイト。西洋、東洋...

続きを読む

ZOOMアプリを使って、イタリアと日本の生中継でリフォームオーダーの打合せをしてみた♪

2020年。小売り業界は対面販売から新たな販売方法を模索を余儀なくされることになった。 新宿の百貨店化粧品売り場では新作のコスメを擬似体験、アパレルでも服の採寸から試着まで 家に居ながらできる。大変な時代になってきた。 いつか見たテレビでは、地球の裏側からネット回線とロボットを使って手術ができる。 それどころか袋の中に手を入れると離れた所の物体を触り、物の形状や硬さまでかんじれる研究が進んでいる。 世の...

続きを読む

伝統を壊すこと、伝統を守ること

海外とのオーダー会の予定がようやく半分終了しました。K18YG/WG.D.BANGLE伝統を壊し新たなものを作ること、伝統の下でしか成り立たないこと伝統を見直し、新たなシステムを導入することで格段に進歩する産業がある。電機メーカーのアップルを思い出してほしい。せっかく買い揃えた充電器も機種変更で違うものに取って代わられる場合もあった。それに合わせた周辺機器をまた揃え直ししなければならない。結構、出費がかさむ。デジ...

続きを読む

トスカーナオリーブオイル

ロレンツォさんより貴重なオリーブオイル。いつもありがとう。...

続きを読む

【ルビー】ルビー最強説

くもりガラスの向こうは…♪ (ルビーの指輪/寺尾聰)昔聞いたこのヒット歌は、ルビーの似合う別れた女を思い返す男を謳ったものだ。燃える様な赤いルビーには人を惹き付ける特別な力のような物を感じる。今日はルビーの最強説を考えてみたい。Ruby/ミャンマー産ルビー石の属性がコランダムモース 硬度9.00屈折率 1.76-1.78比重 3.97-4.05産地 アフリカ大陸;アフリカ;モザンピーク、ケニヤ、マダガスカル、タンザニア東南アジア...

続きを読む

【ガーネット】この紫とも青とも言える宝石の中にピンク色が見えますか?

2003年。スリランカに渡って驚いたのは、日本で覚えた宝石の色彩と全く違った色の宝石がこの世にあるという事。教科書にない色彩…ガーネット/タンザニア産ガーネットと言えば柘榴石(ザクロイシ)などと言われます。エジプトのピラミッドからも出土する程古くから発見された宝石の一つ。ガーネットは当時、お婆ちゃんの石なんて思っていた。クロムに影響されたガーネットザクロ色つまり赤茶のような色も想像しますが、ゾイサイトで有...

続きを読む

暦の立春  【プロモーションあります】

昨日暦の上では立春でしたね。当時と春分の昼間の日にあたるそうです。陰陽節ではこの日から新たな1年が始まるとともに昨年までの邪気を振り振り払うという意味を込め、前日に豆を食うそうですが、昨年度は想像だにできない感染症に遭遇し発見から1年。未だに手洗い、うがいとマスクしか予防策がないと言う状況。インターネットや無線通信など、目に見えないものを操り意思伝達をする現代人が目に見えない原子的な菌に怯えるとは何...

続きを読む

イタリアフィレンツェの宝飾工房の様子

宝石は永い年月をかけ、地底のマントル近くの層で高温高圧の元で元素が突然異変するただの石ころが何億年も時を経て、だれもが心を奪われる宝石になるその宝石を美しく見せる宝飾品はどうやって作られているのだろうか?フィレンツェの宝飾工房の様子今回は、フィレンツェにある宝石工房での加工の様子や大切にしている部分を映像にいたしました。20年近くオーダーのお手伝いをしてきましたので、知ってるという方も多いと思います...

続きを読む

ナポリの老舗工房ネロさんに聞いたカメオのお話

『ナポリを見てから死ね!』などと大袈裟な言葉があります。ナポリという街には、イタリアらしさが凝縮されていると言われます。美しい風光、サッカー,ピザ… 活火山ヴィスヴィオとポンペイの遺跡等イタリアを語るにおいてはなくてはならない名所も数多くある。今回は、友人のカメオ工房のNelloさんにカメオに関して色々質問してみました。K18YG Shell/Coral/Truquise/Lava CAMEO RING Torre del greco, Napoli, ITALYCAMEO...

続きを読む

20年続けてわかった!海外で宝飾リフォームオーダーをする10の良い部分と悪い部分

Ciao !今年は新春より雪山に出かけていました。素晴らしい天気に恵まれスノーボード。何年ぶりでしょうか?はしゃぎすぎました。腰~(汗田沢湖スキー場 /CANON EosR6 RF24-70mm今年も『The Royal Order Fair』始まる!『The Royal Order Fair』(本企画内容は、ALIKACOLLECTION OFFICIAL BLOG  を御覧ください) という名前でイタリアが中心となりますが、海外にてお客様のフルオーダーや宝石をあづかりリフォームオーダーのお手...

続きを読む

神戸光の聖堂とダイヤの光量

 毎年この時期に行われている「神戸ルミナリエ」ですが、今年はコロナにて自粛となり、12/4-13日まで神戸ルミナリエの代替事業として東遊園地(神戸市中央区)に『光の聖堂』を設置されております。今日は、この光の聖堂と合わせてダイヤモンドリングのご案内。18KPG・BROWNDIAMONDS RING/18KWG・DIAMONDS RING光の聖堂12月はいつも神戸はライトアップで大勢の人を集める一大イベントですが、今年はいくつかのにて阪神淡路大...

続きを読む

ALIKACOLLECTION 2020 WINTER

『ALIKACOLLECTION 2020 KYOTO』展示会ではありがとうございました。ようやくひと段落と共に、クリスマスやお正月などイベントの多いこの季節に季節も変わります。この時期にぴったりのアイテムを3ヶ月に渡りご案内します。18KYG.DIA ’Firenze Style’ Bangle スケジュール毎年WINTERでは、イタリアの彫金家と共に伝統工芸を味わう試みを行っておりますが、2021年海外からの作家をご招待できるのかどうか分かりませんが素晴ら...

続きを読む

美術的なジュエリーの価値を高めた宝飾品

「貴石は高い半貴石は安い」という価値観でジュエリーを評価されることが多いですが、ジュエリーの世界には素材原価の評価だけでなく美術的要素によって評価を集める品もあります。今日は、美術宝飾の部分でも評価を集めるイタリアジュエリー作家パルミエロ氏の作品をご案内致します。18KWG.DIA.SAPPHIRE.BROACH“Leafy Sea dragon”パルミエロ氏は、色彩感覚に富んだジュエリー作家として知られております。【写真】宝飾品に色彩感...

続きを読む

ALIKACOLLECTION 2020 KYOTOのご案内 (追伸記載)

一生もののジュエリーというのは、世代を問わず、長くお楽しみいただけるものであると私共は考えます。 しっかりした品質の物は、いつまでも色焦ることなく、使えば使い込む毎にその人となりを表すシンボルになっていく。 そしてお気に入りのジュエリーは、気に入っているところもそうでないところも踏まえて一生共にしていくもの。ALIKACOLLECTIONでは、しっかりした価値ある逸品をご案内したいと考えております。 ...

続きを読む

ダイヤモンド (後編)

CLARITY クラリティークラリティーは透明度を示す指標です。ダイヤモンドの中には内包物や外圧からの色素などによるインクルージョンと呼ばれる異物の混入具合にて品質が決められております。フローレス FLインタナリーフローレス IFべリベリースライトリーインクルージョン VVS1 VVS2ベリースライトリーインクルージョン VS1 VS2スライトリーインクルティッド SI1 SI2インクルーティッド I1 I2 I3等、簡略化しアルフ...

続きを読む

ダイヤモンド忘備録 (前編)

今年のはやりの色は引き続き緑だそうです。緑といっても私の大好きなピスタチオがおすすめのだそうです。ローマでたべたピスタチオ味のジェラート美味しかったよな~そうそう、ローマの食べ物って塩っ辛い味付けが多いのご存知ですか?なんでも海から遠いローマは塩を持っていることが豊かさの象徴であった古いお話しが今でも薄ら残っており、ジェラートアイスクリームまで塩からい。と横道にそれましたが…今回はダイヤモンドに関...

続きを読む

フローレンス郊外のオリーブ畑が続く山の陵からうかがう澄んだ空色のトルマリンペンダント

今日で8月も終わり。ヤイヤイ鳴いていたセミもいつの間にか気にならなくなっている。こんにちは清水です。そうはいってもまだまだあつい暑い日が続きますので今日は涼しげな美しいジュエリーでも眺めましょう。18KWG/YG.TOURMALINE.DIA.PENDANTブラジル産トルマリンブラジル産のトルマリンには、緑から青の色をしたものが産出されます。天然鉱物にて色や形は一つとして同じ個体はないのですが、グリーンとブルーそれにブラジル産...

続きを読む

フィレンツェ紙の匂い /フィレンツェ扇子

昔から紙にはそれぞれ違う匂いがあると感じていた。色の違いが臭いの違いなのかと小さい頃は色紙を食べてみたりもした。私はいつも赤が好きだったような記憶がある。馴染みのフィレンツェルネッサンス柄にて扇子を作ってもらうことになった。Florence fun山に囲まれた盆地の街フィレンツェは京都と同じく夏は暑い扇子は世界各国で目にしてきたが、フィレンツェの扇子はどことなく和の匂いがする。もちろん絵柄は洋風であるが、素材...

続きを読む