fc2ブログ
ミラノのデザイナーエマニュエル氏によるジュエリーは、貴石を多く扱いデザインされます。
そのデザインは世界中のセレブリティに人気の作品となります。


このペンダントは、色の違ったサファイアを効果的に配置したもの。
特に洋服に合いやすいように淡い色のサファイヤを使っているとのことです。

彼の作品にはいつも目を奪われます。

SALON D' ALIKA KYOTO/サロンドアリカ京都
2014.01.14 商品のご紹介
 イタリアミラノ のデザイナーによる作品が入荷いたしました。

日本では私どもだけの取扱いとなりますが、欧米ではとても人気があります。


このデザイナーは大胆なデザインが持ち味ですが、色の組合せがとても繊細なんです。

遊び心を感じるものがあります。


今日はこのリングの写真をUP致します。

310179.jpg


イタリアの18金にニッケルを多めに使用することによる効果で18金はより明るく仕上げられます。

ピンクゴールドをローズゴールドというくらいでバラの色のようにたくさんの色の種類があります。




このデザイナーは明るいローズにピンク系の強いルビーを合わせることが得意で作品でも多くあります。


肌になじむ鮮やかなピンク色の金色に、上質なダイヤとピンクの強いルビーの色の組み合わせ。

まるでイチゴが乗った白いショートケーキのようです。

ルビー、ダイヤというととてもフォーマルな印象がありますが、

この色合わせリングであればカジュアルシーンにもよく合うものとなりますね。
LOGO_20121224225248.jpg
SALON D' ALIKA KYOTO/ サロン・ド・アリカ京都
サッカー日本代表本田選手のACミラン移籍のニュース、そして栄光の背番号10番。

VIVA MILAN!

フリットやサビチェヴィッチ、ボバン、ルイコスタが背負ったミランの10番。

これは、荷が重いところですが、本田選手はこの重圧も楽しんでいただけるのではないでしょうか?

2014年初めの出張は、現地で本田フィーバー感じれるのが楽しみです。



さて、今年も各地にてクリスマスイベントにアリカコレクションが参加しております。

その中から、少し商品をご紹介致します。


2013-14 
FCシリーズより


40.jpg BIRD'S NEST

と題されたこの作品は、K18を幾重にも巻き付けたデザインが鳥の巣のごとく見えるようにピンクゴールドで仕上げられております。

ダイヤと対比的ピンクゴールドが使われていることが、カジュアルシーンを演出しております。



AQUAMARINE
29 (1)

スライスカットのアクアマリンに品の良いダイヤモンドが取り囲んでいるデザイン。

アクアマリンもあえて透明度が抑えられたものを使ってあります。



SUGAR FLOWERS
29 (2)

アシッド加工にて表面を艶のない表現にて、よりダイヤの存在を引き立てる作品となっております。


これらの商品は、在庫に限りがございます。品切れの際には海外注文になります。


LOGO_20121224225248.jpg SALON D' ALIKA KYOTO/ サロン・ド・アリカ京都


2013.11.21 タンザナイト
タンザナイト/TANZANAITE

PB212457.jpg

美しいですね。

澄んだブルーに少しピンクのダイクロイズム。

タンザナイトの詳細はこちら。


●ARIWASI(アリワシ)

一部不格好なピースが入ってました。

お尻が大きいルースをビッグボトムやらビッグヒップやらいわれるが。。。

イスラム商人の間では、ARIWASI(アリワシ)といって取引される。

決して品質にかかわるものではないのだが、同じ大きさの宝石でも深みがある分濃く見えることから高値が付きやすく。

このような格好にて取引されることもしばしばある。

PB212459.jpg


宝石の事は、実際現地で求められる方も多いですが、できるだけ信頼できる宝石屋さんに訪ねてから買うことをお勧めいたします。


11/26(火)、27(水)
京都アリカコレクションでは、良質のタンザナイトの大粒も入荷しております。


SALON D' ALIKA KYOTO/ サロン・ド・アリカ京都

これが世界で一番のサファイアとは言いませんが…
私が数千のサファイアを現地で確認し輸入してきましたので間違いありません。
これは、スリランカ(かつてのセイロン島)のラトゥナプラ鉱山で発見されたサファイアでブルーセイロンと呼ばれるものです。
内包物の状況からも加熱処理していない宝石です。

blue ceylon

先日、サファイア が欲しいと言う話をいただいたお客様にお話をさせていただく機会いただきました。

サファイアは高いでしょ?

のお客様の心配をもとに、


私は、好みさえ伺えれば地球の裏側から見つけてきます。と啖呵を切った。


そして、私がどういういきさつで宝石を扱い、サファイアが好きな石なのかをお話いたしました。


価格は私と共に国内に持ち込まれるため。中間マージンが省かれる分満足であったようです。



そのお客様は、喜ばれ指輪にされるとの注文をいただきました。

弊社は、海外に提携工房を構えているため

イタリアでの高度な加工

日本のクラシカルな加工

が可能です。


心のこもったサファイアのリング

今日お客様に納めさせていただきました。

これからお母様から娘。

そして、まだ見ないお孫様。

images-15.jpeg
そうです、イギリス皇太子もエンゲージは代々伝わるブルーセイロン。

日本も西欧化が進み、良い石をプレゼントに。素敵ですよね。

いつかどこかの宝石店でサファイアをみる機会があるときに良いものであったと改めて喜んでくれると思います。



LOGO_20121224225248.jpg
SALON D'ALIKA KYOTO / サロン・ド・アリカ京都
今年は例年より2週間も早く桜の開花宣言がおこなわれ、『春分の日』の今日は絶好の桜日和。

皆様いかがお過ごしでしょうか?



さて、2013年S/S の中からのご紹介。


『うふふ春色のパール』です。

2.jpg 

まず、何よりこの色合い。

これは淡水にしか出ない色合いです。

アコヤ貝のほのかなピンク色は以前より人気。

アコヤはあまりにうっすらしたピンクで貝の大きさから大きくても10㎜が限界。

そのため若い女性用のイメージが強く、我々業界ではお道具用品(婚礼、入学卒業などの必須アイテム)として紹介する。

1.jpg 

しかし、この品。
桜を思わせる12㎜の大粒淡水真は、しっかりとした色味が特徴。

色合いからも、いろいろな洋服と合わせやすい。

まさに今人気の”遊べるこなれ感”が出せるのではないでしょうか?


さらに、この照り。。。

もうテリテリです。

淡水は、海水のものと違い、2,3年は水につけますのでその巻きの厚みは半端になく。

よい品はよく照ります。


3_20130320215033.jpg 

OROROの18KWG製クラスプも大きくて使いやすいですね。


こういうアイテムは、使うのが楽しくなりますね。

おしゃれの春の一押しですね。




LOGO_20121224225248.jpg SALON D'ALIKA LIMITED/サロン・ド・アリカ京都
2012.08.29 秋色collection
みなさんこんにちは。
最近はまだまだ日中はうだるような残暑にクラクラ。
しかし、朝夕はすっかり秋の感じがしますね。

今日は、久しぶりのブログ更新になりましたが秋色のネックレスをご紹介いたしますね。


P8291197.jpg
18KPGトルマリンダイヤネックレス


地金のピンクゴールドと石の色の取り合わせが、少し哀愁すらも感じさせる大人の色の組み合わせとなっております。

ダイヤモンドも大粒と小粒をうまく配置させ、立体感を引き立たせるつくりとなっております。

まぶしい日差しにクラクラの後は、少しおしゃれに秋色のペンダントをつけてカフェでもいきたいですね。


P8291198.jpg
18KPGトルマリンダイヤアメジストペンダント


こちらもトルマリンで花弁を表現したペンダントとなります。初めの作品と同じような色目のトルマリンとピンクゴールドの組み合わせですが、ダイヤをデコラティブにセッティング。

そして淡いピンクアメジスト。

チェーンもピンクゴールドを合わせる事によりこちらはとてもモダンなジュエリーになります。

このあたりはHASBANI氏の都会的なデザイン力が光ります。



共に全国取引百貨店にて取扱中です。


担当営業もしくは弊社フェイスブックページに問い合わせください。
(*FACEBOOKPAGEには、下のSALON D'ALIKA KYOTOをクリックしてください。)


サロン SALON D'ALIKA KYOTO/サロン・ド・アリカ京都



2012.08.17 SUPER ORO 2
SUPERORO Selected by ALIKA

バインダ31

リングの方の部分にも、ガーネット、ムーンストン、ペリドットがセットされ不思議な印象となっております。

SALON D'ALIKA KYOTO/サロンドアリカ京都


2012.06.27 ルビー
『ルビーの指環』 松本隆作詞・寺尾聰作曲

くもりガラスの向こうは 風の街 ♪

問わず語りの心が 切ないね♪

枯れ葉一つの重さもない命あなたを失ってから背中を丸めながら指のリング抜き取ったね♪



小さかった私にも、この歌は哀愁があり大人の色気を感じさせる歌…
私の中ではこの歌を聞いた時から大人の女性の石となった。

ルビー
images (7) 
●宝石名:ルビー(コランダム)
化学組成: Al2O3
1%程度の微量のクロムを不純物として合むことにより、ルビーになるのです。この微量な不純物の量が微妙で、 これが0.1%となるとピンクになりサファイアと鑑別されます。
結晶系:六方晶系
屈折率:1.762-1.770;
モース硬度:9;
比重:4.00;



●ルビーの希少性

ミャンマーのルビーの年間産出量は、約4万カラットと極めて少なく、世界中合わせても50万カラット程しかありません。

年間産出量としては、 ダイヤモンドの1500万カラット、サファイアの2000万カラット、エメラルドの300万カラットと比べると、

これだけ有名で人気のある宝石としては桁違いの少なさ。

最高級産地のミャンマー産はBURMAとばれ常に紛争の危機にさらされ供給が不安定なため、最高級のルビーはどんどん

値上がってしまい、 今日の破格につながっています。

しかしながら、マダガスカルでの新たな産出により今後の動向が気になるところです。



●産地別解説


・ミャンマー産(BURMA)

ピジョンブラッド”鳩の血の色”と称される深紅の色合いは色の起因であるクロムの含有量が1%と高く、 暗い翳りの原因とな

る不純物である鉄分の含有率が低いため。

しかし、ミャンマー政府が鉱山を国営化したため、産出が激減しており、加えて政局が不安定なため非常に入手しにくいのが

現状で、 高価な宝石の一つになっています。

ミャンマー産の中でも最も評価が高いのはモゴック鉱山から産出されるモゴック産。500年以上続く鉱床。 非常に高く、その

中でも加熱処理をしていないものは、驚くほどの高値で取引されています。しかし、1990年代に、 そこから東南に比較的新

しいにマンシューという鉱山が発見され、モゴック産に引けをとらない良い品質のものも 産出されています。さらに極最近、

中国よりに新しい鉱山も発見され、色味は若干オレンジ味の石が多いですが、 非常にクラリティの高い石が産出されており

今後の進展が期待されます。


・タイ産

稀少なルビーの産地として,タイは生産量では世界の大半を占めています。

タイ産ルビーはミャンマー産と比べると多少紫がかかって見えます。これは鉄分が多いため、 いわばサファイアの青の発色が混じって紫になるためです。

あと、大半は色味が濃すぎて透明度の低い濁ったいわゆる黒味がかったルビーが多く産出されます。

それなり美しいのですがその黒みがかった血の色は、ビーフブラッドと呼ばれています。


・モザンビーク産

国営鉱山より新たな質の良いルビーが産出される。ミャンマ-の質に遜色ない最高の物も産出されている。




このように、生い立ちや歴史からも虚栄心をくすぶるこの宝石。

ルビー。

大人のあなたへ。



SDA  SALON D'ALIKA KYOTO/サロン・ド・アリカ京都

パパラチアサファイア

スリランカの中で好きなサファイアのお話。


e70d28092102f2800f1c4a0b5e66e54c.jpg

サファイアにとても稀少な色の石があります。

オレンジ~ピンクに掛けて色が変化するとてもきれいなものです。あまりに美しい色でとても珍しい事から…

パパラッジィヤと呼ばれます。

スリランカの言葉シンハラ語でハスの花を意味します。

神の花であり、美しく、そして夜明けから朝方にしか花を開かないこの花のように高貴で美しくそして他にはない

物であると云う事からこの宝石をこう呼びます。

神をも意味するこの宝石は本当には華があります。

VOGUEELLEなど各国雑誌媒体にて盛り上がるイタリアカバンメーカーOTTAVIA FAILLAの写真届きました。
71.jpg 
まず、やはり目につくのは発色の良い生地。
イタリアならではの色の組み合わせはこの夏のポイントになりますね。
191.jpg 
また、ほとんどのカバンにデザイナーANNAさんのこだわりのチャームが付いています。

おしゃれ。

121.jpg 101.jpg 
こちら籐で編んだカバンが気分を盛り上げますね。カジュアルデニムにぴったりです。
131.jpg 
スパンコールをあしらったこのモデルは、デザイナーのANNAさんの名前が付けられているベストセールス商品となります。こちらもカジュアルに楽しんでいただけますね。


来月には日本上陸予定。
ご予約はメールもしくはFACEBOOK のメッセージにて承っております。



サロン
 SALON D'ALIKA LIMITED/サロン・ド・アリカ京都


ようやく、梅の花も咲きだし、もう春ですね。

今日は、1月にイタリアに訪問の際、ミラノにて出会ったOTTAVIA FAILLA のカバンを紹介します。

images (8)
シチリア島/イタリアの伝統的な作り。
籐で編んだかごがシンボリックな作りのデザインです。

OTTAVIA.jpg

出会った瞬間に輸入を決めました。いいものは良い。
一度見てください。
これからの紹介のスケジュールは都度UPしたいと思っております。

2012の春夏から。ご紹介できる事を楽しみにしております。


写真は、他社様からおかりいたしました。。。



2012.02.04 ORORO NECKLACE
OROROR
NECKLACE


IMG_0001.jpg
先月末に行われたVICENZAORO にて、発表された作品の一部が入荷いたしました
OROROシリーズのロングネックレス


IMG_0010-1.jpg


カジュアルに被る長さのロングネックレスはイタリアミラノでもトレンド

18金製のイタリアンチェーンはヴェネチア近くのVicenzaと言う町にて作られます。
絹のレースのようにしなやかで繊細なチェーンはフォーマルでもカジュアルでも似合うもの。
ミラネーゼも大好きなマストアイテムです。

IMG_0004.jpg
石が付いているものや、地金のみのもの。大きな輪や小さなものまで最新のファッションが揃いました。
詳しくは、取り扱い店の担当営業までお尋ね下さい。
サロンドアリカロゴ
2011.12.28 GREEN AMBER

緑色の琥珀/リトアニア産が入荷いたしました。

琥珀は太古の樹脂が固まったものにて柔らかいものにはなりますが、緑がかった中に金色が光の加減で美しいですね。

イタリアにてどのように彫金されるのか?

お楽しみに。。。



サロンドアリカロゴ 


KANDY COLLECTION 入荷

KANDY.jpg 

ようやく弊社の紅茶コレクションCEYLON KANDY TEA訳して "KANDY(キャンディー)" の復活を記念して、宝石イベントコレクションが誕生いたしました。


●TRICK OR TREAT♪

18金イエロー、ホワイト、ピンクの地金に、シュガーロフカットの半貴石をおしゃれに施しました。

紅茶の名前にちなんでキャンディーに見立てたデザインです。

カジュアルに遊び心を宝石に!楽しんでください。

なんとか、ハロウィンに間に合った。


『 KANDYをくれないと悪さするぞ! 』


IMG_3622.jpg 
色の組み合わせがかわいい。 k18RG.GREEN QUATZ RING ¥189000-


全国取扱百貨店にて販売いたします。

サロンドアリカロゴ 






コロンビア産エメラルド

先月エメラルドの中で大変気に入っていたピースがありました。

コロンビアとは、日本にはあまりなじみのない国ですが、反政府テロが激しく2002年に大統領が変わり対テロ対策が効果を示していると云われているが、コカインや爆弾テロ、誘拐などたまに日本でもニュースに上がってくる。。。
サッカーの試合に勝たせろと選手の誘拐なんかも以前はあった日本の反対に位置する国。

しかし、この国には世界を魅了してやまない宝石が取れます。
エメラルド

コロンビア産のエメラルドの中でもいくつか鉱山がありますが特にムゾー鉱山(MUZO MINE)で取られたの物はよいと定評があります。私は、このコロンビア産のエメラルドが大好きなのです。

ムゾーの特徴は
黄、青みがある緑の石。
もちろん色が薄いもの(淡いゼリーのような色)や、クラりティーインクルージョンが大量に入り込白濁したように見えるものも沢山市場に出回っており、産地名が”信用の証”にはなりませんが。。。。

モース高度も高い石であるため、ラスタ光沢も強く出ますね。。。。

以前ブログ(http://alika00.blog86.fc2.com/blog-entry-114.html
にて紹介しましたが、コロンビアンは奥深い立体感すら感じる緑で、デリケートで繊細なところは本当に凛と背筋が伸びた朝露を覆った竹をイメージさせるにぴったりな感性。

カット
は、色だまりができやすい事から、場所を吟味し研磨されても形がよくない物や色が均一でないものも多くあったりします。

ダイヤモンドのように”4C”で評価をされるのであればこのような感じでしょうか???


厳選されると宝石は1%どころか0.1%を下回る程見つけるのが難しくなるとも云われています。
このコロンビア産。以前は日本に入荷する半数位占めていたと云われますが、近年はアフリカ産のものが多く、タイや香港経由で日本に入ってきます。
実際の流動数は、アメリカで内密に輸入される数が非常に多く(スマグリング)分かりませんが。
クオリティーはコロンビアンのトッピンは天下一です。

価格??それはご想像にお任せいたします。
価格は、エメラルドは先月のダイヤの価格が落ち着きだしたころから少し値上がりしたと聞きました。

何より、自然が生み出した芸術は世界の全ての人を魅了するものであります。

また、良い出物を紹介することが出来ること祈りながら。。。

サロンドアリカロゴ
マネッティー氏のブドウペンダントです。

ブドウはイタリアでも『子宝に恵まれるように』という希望をこめてつけられます。

このペンダントは、フィレンツェのエナメル彩。ダイヤモンドとルビーにてモチーフを作っています。
葉っぱはメディチ・ルネッサンス様式のエングレーヴィングにて表現しており、円熟味を増したマネッティーさんの作品となります。

素晴らしい仕上がりとなり日本に入荷いたしました。
SALON D' ALIKA COLLECTION
KANDY コレクションサンプル品誕生


CEYLON KANDY TEA / セイロンキャンディーティー 

復活を記念して宝石コレクション"KANDY"を作ってみました。
ミラノスタイルにてカジュアルにお楽しみいただけます。

IMG_3571.jpgSALON D'ALIKA Collection 2012
として登場予定

・宝石ピンククォーツは今流行りのシュガー・ロフカットを採用。
このカッティングは大変技術と石の削り損が出る為貴重な宝石となります。
キャンディー(CANDY)にちなんでKANDYならではファッション性の高いデザインとなっております。


K18ピンクゴールド.ピンククォーツ.ネックレス(Q;約15ct)



CANDYだけになんとか、ハロウィンに間に合えばよいのですが。。。

TRICK OR TREAT!


●チェーンはイタリアジュエリーでも有名なイタリアビチェンザ州のチェーンメーカーにて製作されたこだわりのもの。
確度によってきらきらと光るところがよりファッショナブルになります。

●より幅広い年齢層に親しんでいただけることを希望します。

IMG_3575.jpg 


●刻印はレーザーカッティング採用。

●石の色目は全部で6種類ご用意する予定でございます。


●なお本製品は、現在製作の段階でありサンプルを写しました。
よって、チェーンの形状や地金の色目が予告なく変更される恐れがあります。ご了承ください。













サロンドアリカロゴ

↓↓ いいね をクリッククリック


コンクパールの話
 

コンク、コンシェ、コンチ、、、ピンク色をした天然真珠の名前をさします。

この、光沢の美しい真珠はアメリカカリブ海からフロリダにかけてのみ生息する大きな巻貝から取れる真珠です。

コンク貝 

宝石としてはピンク色が重宝されます。

コンクパールは昔より大変稀少な品であったため、アンティーク市場にもあまり出回りません。

一方、コンク貝は、16世紀の大航海時代のスペイン、ポルトガルが中南米に進出した頃、現地人の食用としてこの美しい貝は認識されていましたが宝飾としては登場いたしません。  

そして19世紀ごろになり、粉末にしたコンク貝の粉にて磁器の顔料として使われることにより注目を集めます。やがてコンク貝殻の上下にて白ピンクの2層になっている部分をうまく利用して、カメオ彫りされた物に人気が集まり市場に出回るようになりました。

 
IMG_3412.jpg

ハスバー二/MILANO 作

k18WG.DIA.コンク貝 PENDANT


この真珠、現在でも養殖出来るものでないため産出は謎めいています。そういった稀少性と燃えるようなびんく色がコレクターをいつの時代にもひきつけるようです。

 アールヌーボー様式エナメルペンダント



この綺麗なクジャクのようなペンダントは、スペインはバルセロナのデザイナーアントニオソリア氏によるもの。

バルセロナは、ANTONIO GAUDI(アントニオガウディー)などアールヌーボー期のデザインが街を彩る。

宝飾品でも、弊社取扱のアントニオソリア氏、マリエラ、バグース等アールヌーボー様式が宝飾品として今なお健在です。


IMG_3287.jpg k18WG.DIA.エナメル PENDANT

匠LOGO  プリカジュール技法

この色のついた部分は、エナメル(和名七宝)と呼ばれる。

裏に箔を張り、その上にエナメル(ガラス質)を焼き付け除去する、輪郭線だけでエナメルを保持しする作りは大変華奢です。





SALON D'ALIKA KYOTO / サロン・ド・アリカ 京都

サロン_convert_20101211171924