FC2ブログ

記事一覧

伝統を壊すこと、伝統を守ること

海外とのオーダー会の予定がようやく半分終了しました。K18YG/WG.D.BANGLE伝統を壊し新たなものを作ること、伝統の下でしか成り立たないこと伝統を見直し、新たなシステムを導入することで格段に進歩する産業がある。電機メーカーのアップルを思い出してほしい。せっかく買い揃えた充電器も機種変更で違うものに取って代わられる場合もあった。それに合わせた周辺機器をまた揃え直ししなければならない。結構、出費がかさむ。デジ...

続きを読む

イタリアフィレンツェの宝飾工房の様子

宝石は永い年月をかけ、地底のマントル近くの層で高温高圧の元で元素が突然異変するただの石ころが何億年も時を経て、だれもが心を奪われる宝石になるその宝石を美しく見せる宝飾品はどうやって作られているのだろうか?フィレンツェの宝飾工房の様子今回は、フィレンツェにある宝石工房での加工の様子や大切にしている部分を映像にいたしました。20年近くオーダーのお手伝いをしてきましたので、知ってるという方も多いと思います...

続きを読む

20年続けてわかった!海外で宝飾リフォームオーダーをする10の良い部分と悪い部分

Ciao !今年は新春より雪山に出かけていました。素晴らしい天気に恵まれスノーボード。何年ぶりでしょうか?はしゃぎすぎました。腰~(汗田沢湖スキー場 /CANON EosR6 RF24-70mm今年も『The Royal Order Fair』始まる!『The Royal Order Fair』(本企画内容は、ALIKACOLLECTION OFFICIAL BLOG  を御覧ください) という名前でイタリアが中心となりますが、海外にてお客様のフルオーダーや宝石をあづかりリフォームオーダーのお手...

続きを読む

フィレンツェ紙の匂い /フィレンツェ扇子

昔から紙にはそれぞれ違う匂いがあると感じていた。色の違いが臭いの違いなのかと小さい頃は色紙を食べてみたりもした。私はいつも赤が好きだったような記憶がある。馴染みのフィレンツェルネッサンス柄にて扇子を作ってもらうことになった。Florence fun山に囲まれた盆地の街フィレンツェは京都と同じく夏は暑い扇子は世界各国で目にしてきたが、フィレンツェの扇子はどことなく和の匂いがする。もちろん絵柄は洋風であるが、素材...

続きを読む

フィレンツェの木彫ピラニア

フィレンツェの路地裏の木彫の店で見つけたピラニアちょうど大きさは30cm位一匹も良いし、群遊も様になるALIKACOLLECTION...

続きを読む

ルネッサンスの面影を訪ねて~フィレンツェ~

ルネッサンス始まりの街フィレンツェフィレンツェ/イタリアは15c 学術・芸術文化の始まり“ルネッサンス”の地として知られており芸術に関しても近代芸術に色濃く影響を与えた街です。今回はこのフィレンツェの彫金をご紹介いたします。非産業的な宝飾文化を味わう‘より産業的で均一な品質。効率的に利益を上げて現代の流行り廃りに乗り遅れないようにする‘今では当たり前の現代の産業構造のもと、絶滅の一途をたどる、数少なくなっ...

続きを読む

日常を豊かに変えてくれるノート

日常の時間を豊かに変えてくれるノート今日はちょっとこだわりのノートをご紹介致します。いつも包装紙を作っていただいている工房 にて作られるノートです。豊かな書き味よく似たフィレンツェ紙を謳う紙はありますが、アリカコレクションが長年使う老舗工房の紙は、インクがよく走り、裏抜けが起こりにくくしっかりとした濃淡が出てくれます。カリカリ…っと小気味好くインクを走らせる時間をとって書くことは、自分を見直す事だイ...

続きを読む

イタリアの紙

ALIKACOLLECTIONの宝飾品のプレゼント包紙はイタリア産の紙を使用することにしている。しかし、半年ほど前よりその紙が日本に入ってこなくなっていた。数十年使い続けている紙だったので大切にしていたのですが、工房から送って来なくなりもう封筒がなくなり代用の物でまかなっていた。連絡するも、返事もなく困っていた。世界基準の紙は有名メゾンも愛用この度の訪伊で新たな印刷屋さんを探そうと日本でも知名度のある印刷工場に...

続きを読む

謹賀新年 あけましておめでとうございます

謹賀新年 あけましておめでとうございます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。おかげさまでALIKA COLLECTIONは今年創業40周年を迎えます。  本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。FECAROTTA BATTERFLY byALIKA COLLECTIONSALON D'ALIKA GIOIELLI/サロン・ド・アリカ 京都...

続きを読む

ALIKA COLLECTION ”BAROQUE” style BROACH

FECAROTTA SCILIAバロックパールとピンクサファイアのブローチはパールにて花を形どったデザインは、迫力があり見るものを引き付ける。  ALIKA COLLECTION / サロン・ド・アリカ...

続きを読む

GIMOR Butterflies

ALIKA COLLECTION2015 A/WTwo Butteflies with pink sapphires and diamonds This fancy motif was made by GIMOR MILANO  SALON D'ALIKA GIOIELLI / サロン・ド・アリカ 京都...

続きを読む

K18WG DIAMONDS SET

ALIKA COLLECTION 2015 S/Sダイヤモンドミステリアスセッティング K18 Diamonds RING158703MADE IN ITALY  K18 Diamonds Pendant158704  MADE IN ITALYブリリアントカットのダイヤモンドが敷き詰められたダイヤモンドは新たなダイヤモンドセッティング。爪が見えない分、ダイヤの輝きがより美しく輝きます。また、ひっかりがなくビジネスシーンでも活躍しそうです。一ツ石よりもカジュアルでより輝きも強く人気が...

続きを読む

K18PG/WG DIAMONDS RINGS

中四国にて明日より、~ALIKA COLECTION2014 WINTER & COMING SPRING IN YAMAGUTI~皆様よろしくお願いいたします。K18WG PG dia RING SALON D' ALIKA KYOTO / サロン・ド・アリカ 京都...

続きを読む

「蛇デザイン」考察

「蛇のデザイン」考察蛇に代表される爬虫類や昆虫などは、西洋ではとても人気のあるモチーフです。フランスナポレオン皇帝時にエジプト遠征を達成し、「図録エジプト」を発行する事により。古代エジプトプトレマイオス朝のモチーフが当時流行。この流れが宝飾文様として今日にまで続いていると思われています。小生がよく訪問するイタリアでも、蛇は知の神様として特に医療関係の紋章として使われます。「日本でも、白蛇をみると良い...

続きを読む

【アンティーク宝石】勿忘草~For get me not~のモチーフ

勿忘草(FORGET ME NOT FLOWER)なんて切ない響きなのでしょう。歌手尾崎豊さんの曲でも表現された。切なく、控え目な野花。勿忘草。。。この花をモチーフにした宝石デザインにもすてきな物語が伝えられています。  ”FORGET ME NOT FLOWERS”GIMOR/MILANO作 侵略戦争を繰り返したナポレオン死後、フランスは改めブルボン王政を復活させました。19世紀初め。荒廃したヨーロッパ中から、安定した平和や平凡といった生活を求め...

続きを読む