fc2ブログ
アンティークマイセン入荷

 IMG_3430.jpg 

IMG_3430.jpg
 

IMG_3431.jpg IMG_3432.jpg 
MEISSEN DEMITASSE FLORAL C/S
19C前半
NO CRACK LITTLE CHIP on the FLOWER pedals and leaves.

その他ぼちぼちUPしていきます。


SALON D'ALIKA LIMITED KYOTO
SDA 


関連記事
清水会長スリランカより帰国
先月より紅茶と宝石を求めにスリランカに訪問されていた。
小生と去年の10月訪問して以来のスリランカ入り故、懐かしい顔をたくさん見れたと喜びもひとしお。帰ってくるなり、疲れた疲れた。。。
どうやら、現役時代を思い出し思いっきり仕事に専念したようです。
今回はスリランカ紅茶店 KANDY を復活させるべく大量に紅茶を仕入れたようです。

IMG_3428.jpg 
関連記事
2011.09.03 風雨風
台風

今日の京都は、風雨風。

車で走っていると何と誰かの傘が飛んできてマイカーにゴツン(汗)。

なんと車がへっこんでしまいました。そして私も凹み。(涙 涙)

ゆっくり大型の台風は現在徳島から岡山に北上中。
社員の広島出張組は、高速道路が通行止めのため下道で8時間かけて帰ってきたとのこと。

週末は、久しぶりにゆっくりします。


追記)サロンドアリカ取扱の紅茶ムレスナティー。
楽天オークションにて100円からお買い得になっております。
右のバナーをクリックしてお求めください。

rakuten 1
ムレスナ紅茶 250g 100円~オークションスタート 9/11まで

関連記事

コンクパールの話
 

コンク、コンシェ、コンチ、、、ピンク色をした天然真珠の名前をさします。

この、光沢の美しい真珠はアメリカカリブ海からフロリダにかけてのみ生息する大きな巻貝から取れる真珠です。

コンク貝 

宝石としてはピンク色が重宝されます。

コンクパールは昔より大変稀少な品であったため、アンティーク市場にもあまり出回りません。

一方、コンク貝は、16世紀の大航海時代のスペイン、ポルトガルが中南米に進出した頃、現地人の食用としてこの美しい貝は認識されていましたが宝飾としては登場いたしません。  

そして19世紀ごろになり、粉末にしたコンク貝の粉にて磁器の顔料として使われることにより注目を集めます。やがてコンク貝殻の上下にて白ピンクの2層になっている部分をうまく利用して、カメオ彫りされた物に人気が集まり市場に出回るようになりました。

 
IMG_3412.jpg

ハスバー二/MILANO 作

k18WG.DIA.コンク貝 PENDANT


この真珠、現在でも養殖出来るものでないため産出は謎めいています。そういった稀少性と燃えるようなびんく色がコレクターをいつの時代にもひきつけるようです。

関連記事