FC2ブログ

記事一覧

ナポリの桜を想う

春のナポリを旅する機会を得た。この地区は、貝に彫刻をする宝石(カメオ彫り)工芸が19世紀にイギリスに広まり有名となった。カメオを見つける旅。何とも優雅な響きか?しかし実際は、時間に追われ時差にやられてどうにもならない。少しばかりの贅沢は、朝5時に起きて街をジョギングすること位か。ナポリの友人と街を歩く。友人は相当なおぼっちゃまである。普通は緊急車以外は立ち入れないところも、通行許可書を持っている。資...

続きを読む

KANDY COLLECTION 入荷!

KANDY COLLECTION 入荷 ようやく弊社の紅茶コレクションCEYLON KANDY TEA訳して "KANDY(キャンディー)" の復活を記念して、宝石イベントコレクションが誕生いたしました。●TRICK OR TREAT♪18金イエロー、ホワイト、ピンクの地金に、シュガーロフカットの半貴石をおしゃれに施しました。紅茶の名前にちなんでキャンディーに見立てたデザインです。カジュアルに遊び心を宝石に!楽しんでください。なんとか、ハロウ...

続きを読む

北陸の皆さまありがとうございました。

北陸地区より戻りました。今回も多くの方もお会いしお世話になりました。大変ありがとうございました。また、可能な限りですが「宝飾業界のトピックを紹介したい」と始めたこのブログにも少しずつお声をかけていただけるようになってまいりました。本当に感謝いたしております。これからもALIKAグループみんな探究心をもち、世界中を旅して驚きをお届けしたいと思っております。 フィレンツェの街/FIRENZE ITALY...

続きを読む

MEINI/ FIRENZE氏来日のおしらせ

マエストロ MEINI氏来日のおしらせ来年度2月半ばより2週間を予定いたします 蔦の文様「長寿」をダイヤと施したリング/MEINI FIRENZE作●フィレンツェの伝統工芸イタリアはフィレンツェからローマにかけての山岳地帯には紀元前より金に細工を施し装飾や印としていた。フィレンツェはベッキオ橋の上に宝石商人の小屋がならび観光客の目を楽しませるのは有名な話。金細工の文化が早くより発展し、多くの彫金家が工房を開...

続きを読む

アッサム産紅茶と京都の夜

今日も紅茶のお話し。最近は、紅茶にうつつを抜かしている。インドアッサム産の新茶を手に入れた。これは、師匠であるアンセルムさんの茶葉ではないのでこっそり試飲するべし。インド産の茶葉は遠くは中国の茶の紅茶用に改良のされたものとなる。発酵を途中でやめると中国茶、そしてさらに進めると紅茶となる。緑茶は発酵をしないもの。やっぱり中国の歴史は古い。今の時期の新茶は夏に取れるセカンドフラッシュといわれる若茶。今...

続きを読む

キャンディー紅茶に合う生姜を求めて

今回は、イタリアジュエリーのサロンドアリカではなく、セイロンキャンディー紅茶の話です。 セイロンキャンディー紅茶に合う生姜を求めて高知安田に「輝ポート」地場産業の紹介場がある。ここは、昔の市場のようなところ。自分の出し物を並べ、近所の方の出し物を買ういわば「物々交換による地域コミュニティ」の場となっている。しっかりと自然の色が残る鮮魚や土の匂いのする野菜、総菜が所狭しとならぶ。小生のように他の...

続きを読む

新茶が届きました

ムレスナセイロン社より新茶のサンプルが届いた。 日付は2011/10/03。まだ積まれて2週間程の新茶ということか。最近は、幻の牛乳を求め全国飲み歩きを趣味としていた為、どうもミルクに注目した飲み方が多かったな。この際断食でもしてミルクを体から干上がらしてでも新茶の味を楽しむかなんて…やっぱり海の向こうの友人の心遣いは気持ちいいのである。 紅茶の事を良くご存じの方には、「釈迦に説法」となるのであまり歌...

続きを読む

四国地方出張終了

本日で 予定された四国地方の主張が終了しましたお世話になった皆様お力添えいただいた皆様大変ありがとうございましたこちらはバケツをひっくりかえしたような大雨。無事変えれるだろうか?...

続きを読む

コロンビア産エメラルドのまじめな話

コロンビア産エメラルド先月エメラルドの中で大変気に入っていたピースがありました。コロンビアとは、日本にはあまりなじみのない国ですが、反政府テロが激しく2002年に大統領が変わり対テロ対策が効果を示していると云われているが、コカインや爆弾テロ、誘拐などたまに日本でもニュースに上がってくる。。。サッカーの試合に勝たせろと選手の誘拐なんかも以前はあった日本の反対に位置する国。しかし、この国には世界を魅了して...

続きを読む

京都時代祭は10月22日

今年も京都三大祭りの時代祭が開催されます。10月22日 京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロ間に一大時代絵巻を展開する。今年は、五山の送り火の際被災地の薪を燃やすのそうでないので大変ご迷惑をおかけいたしましたので、ぜひ被災地の方々に見に来てほしいのが市民の心情です。   ...

続きを読む

東北出張終了

3月11日の震災より少し敬遠しておりました東北地区の出張を再開いたしました。今回も多くの方々にお世話になり感謝いたします。ありがとうございました。...

続きを読む

ブドウのペンダントトップ

マネッティー氏のブドウペンダントです。ブドウはイタリアでも『子宝に恵まれるように』という希望をこめてつけられます。このペンダントは、フィレンツェのエナメル彩。ダイヤモンドとルビーにてモチーフを作っています。葉っぱはメディチ・ルネッサンス様式のエングレーヴィングにて表現しており、円熟味を増したマネッティーさんの作品となります。素晴らしい仕上がりとなり日本に入荷いたしました。...

続きを読む

セイロンキャンディー紅茶新パッケージ決定

清水会長とムレスナセイロン社長アンセルム氏とのあいだで打ち合わせされてきた紅茶缶のデザインがようやく決定しました!到着しましたらいち早くブログにて、皆様にご紹介致します。...

続きを読む

フェルメールからのラブレター展とラピスラズリの産地

今日は、やっとお休み取れました。京都市美術館で開催されています「フェルメールからのラブレター展」に伺いました。フェルメール作は「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使」の3枚。その他は、オランダ作家の作品が並んでおりました。フェルメールの「蒼」は鉱物のラピスラズリをけずって作られます。私が思いつくラピスの蒼は平山郁夫先生の砂漠の夜空の情景。少し紫がかった青はラピス、恐らくアフガン...

続きを読む

高知県馬路村ゆずを求めて

高知県馬路村 「ごっくん」という名のゆずジュースが全国でも注目されるようになった馬路は、全国でもいち早くゆずの加工食品を販売にとりかかった。JAが中心となり若者から高齢者まで村を挙げてこの製品にかけてきたことが、成功の秘訣。この成功の秘訣と今話題の台風による和歌山県で起きている地滑りによる村の破壊とは、大きな関係があると馬路のI様から伺いました。あまり台風の多くない地域では商業主義が先行し、お金...

続きを読む

QRコード

QR