FC2ブログ

記事一覧

FIRENZE彫りにてリフォームする。その4

エンゲージリングをカジュアルなデザインにする

婚約エンゲージは給料の3倍といわれる。男のかいしょうであるトッピンのダイヤモンドたいていがものすごく質が高いもの。
このジュエリーは一番石をきれいに見せる止め方であるが、その分福や髪に引っ掛かりやすく実際はタンスの肥やしになっている事が多い。
リフォームの一番多いものである。


ここが匠LOGO

フィレンツェの彫金にて中央の石をなるべく突出させず、金色と銀色のコントラストにてカジュアルなリングを作製。
フィレンツェ彫りの得意な部分であるダイヤが宙に浮いたようなデザインが軽快であり、リングの縁がねじれた(スクロール)ような細工になっている。
リングの側面もSWELL MARK(うづまき)がたのしい。
全ての部分にこてをあて丁寧に作られた逸品となりました。

どうですか?
1つ1つ丁寧に作られる物には、彫金師の味わいが感じれますね。

18 KYG/WG コンビのリング
 100%HAND MADE JEWELLRY/ FIRENZE ITALY


SDA SALON D'ALIKA LIMITED


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR