FC2ブログ

記事一覧

黄金のカバン

黄金製のカバン

ヨーロッパでは金を糸のように細くし布ののように編み上げる技術が流行した。

金糸による正装が昔からの伝統とされていた時代もあります。
ベネチア展



今日のご紹介の逸品は、

アンティーク 金製パーティーバッグ。

P7022196.jpg


がま口のところには、ダイヤ等の宝石が贅沢に取り付けられ、袋の部分は金糸と蜘蛛の巣のようなうっすらしたプラチナ糸による文様のカバン。

富の象徴のような手の込んだカバンは、100年以上前に手作りにて作られたものとなります。

金糸もさることながら、当時融点の高いプラチナを糸のように紡ぐ技術はとても希少なものです。

価格はもちろんその手間暇は想像を超えるものであると思われる。

現在ではなかなか作り上げることができる職人がいないであろう逸品です。


アンティークコレクションより

LOGO_20121224225248.jpgSALON D' ALIKA KYOTO/ サロン・ド・アリカ京都

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR