FC2ブログ

記事一覧

アールヌーボー

アールヌーボー期 (1880年から1910年頃)
ART-NOUVEAU

主に自然や植物のような生命の息吹を感じさせるモチーフが使われ、流れるような流動曲線が当時の流行を独占する。
日本美術(ジャポニズム)が、ヨーロッパ文化に浸透した時期でもあり多くの作品が残された。

ガレやドーム兄弟の作品はその代表例である。
印象派が活躍する美術業界には宝石にも同様に影響を与える。
フランスバンドーム広場にて店を構える宝石店が活躍をする。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR