FC2ブログ

記事一覧

[6月スポット企画] 現代食器ジノリコレクション

2011年6月 特別企画(西洋の名磁器)
リチャードジノリ窯(RICHARD-GINORI)/イタリア 「テーブルウエア」
jinori.jpg 

1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が自領であるドッチアに磁器窯を開き創業。当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させた。開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。
1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなる。1956年、ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。
ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれている。また、1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛される。
また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされている。




ジノリサンプル

 ※ 在庫・詳細シリーズは担当営業にお尋ねください。


Salon 'd ALIKA KYOTO
サロン_convert_20101211171924 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR